相続対策あれこれ

まずはトラブルを防止する

相続の対策は数多く存在しますが、中でも生前贈与・遺言は有効です。まずはトラブルを防止するために何をしたらいいでしょうか?

詳しくは、まずはトラブルを防止するをご覧ください。

相続税の納税資金の考慮

相続対策として「財産評価額を下げる対策」を講じる方がおりますが、現実としては「納税資金準備対策」を優先的に実施すべきだといえます。相続人が相続税の納付で困らないために、まずは納税資金準備対策」をしましょう。

詳しくは、相続税の納税資金の考慮をご覧ください。

相続税対策

相続税の対策については大きく分けて2つあり、①生前贈与を中心とした相続税の節税のための対策。②相続税の納税資金を確保していこうと考えていく対策です。

詳しくは、相続税対策をご覧ください。

生命保険を活用する

相続税は金銭で一括納付をすることが原則になっています。

不動産やその他の動産で納付すること(物納)は条件付きとなりますし、物納はなかなか認めてもらえないのが実情です。また、売却して金銭に換価することも本望ではないことが多いでしょう。

そういったときに、よく対策として使われるのが「終身保険」です。
保障が一生続くため、死亡時に必ず保険金が受け取れ、現金が手元に残るのです。

詳しくは、生命保険を活用するをご覧下さい。

民事信託(家族信託)を活用する

現在日本では65歳以上の高齢者のうち4人に1人は認知症又は認知症予備軍と言われています。せっかくしっかりとした相続対策を考えても、実行する前に認知症になってしまうと計画がとん挫してしまいます。

詳しくは、民事信託(家族信託)を活用するをご覧ください。


相続・遺言の無料相談会 03-5422-6977 無料相談について詳しくはこちら

最新トピック&解決事例

相続に関する相談会開催!相続・遺言相談受付中 03-5422-6977