司法書士としてのこだわり

司法書士の仕事は、人の権利を守る仕事です。

司法書士法第1条には次のように書かれています。

第1条 この法律は、司法書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、登記、供託及び訴訟等に関する手続きの適正かつ円滑な実施に資し、もって国民の権利の保護に寄与することを目的とする。

国からライセンスを与えられているということは、国民の権利を保護するという使命を与えられているということなのです。とても重要な使命ですし、誇りに感じます。

当事務所では不動産の登記識別情報(権利証のこと)をお客様に納品する際には、表紙に綴じた状態でお渡ししております。表紙は写真のものを使用しております。この表紙のデザインには、実はこだわりがありまして、「国民の権利の保護」という使命と関係しています。

デザインのモチーフに使用しているのはヒイラギなのですが、昔から洋の東西を問わずヒイラギは魔除けとして使われてきました。日本では節分の邪鬼除けにも使われますよね。お客様の大切な財産を守ってくれるよう、願いを込めてこの表紙に登記識別情報を綴じております。

 

ブログの最新記事

相続・遺言の無料相談会 03-5422-6977 無料相談について詳しくはこちら

最新トピック&解決事例

相続に関する相談会開催!相続・遺言相談受付中 03-5422-6977