難しい相続手続きを、分かりやすく丁寧に解決します。初回相談は無料です!

相続発生後の手続き

相続生前対策

プロフィール

寺杣勇祐(てらそまゆうすけ)

 東京都品川区在住

東京司法書士会所属

出身地 和歌山市

関西大学社会学部卒業

一般企業勤務を経て、平成19年に司法書士の世界に転身。債務整理、不動産売買、相続など幅広く業務経験を積み、平成27年に独立開業。趣味は子育て、読書、神社巡り、お酒、座右の銘は「為せば成る」「至誠にして動かざるものは未だこれあらざるなり」

私が司法書士になった理由

ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

司法書士の寺杣(てらそま)です。私は30才までまったく法律とは関係のない仕事をしていました。しかし、30才という節目を迎えて、何かもっとやりがいのある仕事をしたい、世の中の役に立っているという実感がほしいと考え、自分の将来のキャリアについて不安や焦りを感じていました。

そして、その時に司法書士事務所に転職をしました。私が入った事務所は、クレサラ問題を扱っていて、多重債務者の代わりに消費者金融や信販会社に対し過払い金を請求したり、債務整理の交渉をする業務を行ってました。

事務員として働き始めて数カ月たったある日、ある依頼者と出会いました。その方は70代の女性で、相談に来られたときには消費者金融や信販会社から合計500万円ほど借金がありました。話を聞くと、病気の夫と障害のある子供を女手一つでずっと支えてきたが、生活費が足りず、気付いたらこんな状態になっていた、とのことでした。この案件は結果的にはグレーゾーンの過払い金を弁済にあてることで借金はゼロになり、さらに数百万円の過払い金が戻ってきました。事件終了後、その依頼者の方はお礼を言いたいと、わざわざ事務所まで私を訪ねてくださいました。そして、その時にその依頼者の方は、このように言いました。

「今回相談して、それで解決しなければ私は首を吊って死のうと思ってました。お蔭さまで命拾いしました。本当にありがとうございました。」

私はこの言葉を聞いたときに、大きな衝撃を受けました。自分の仕事の責任の重さを感じると同時に、これまで味わったことのない自分の仕事に対する誇りややりがいを感じたのです。この言葉を聞いて、私は司法書士になって、一人でも多くの人の役に立ちたい、必ず司法書士試験に合格してやる、そう誓いました。これが私が司法書士を志した原点です。

現在はクレサラ問題はかなり落ち着いてきていますが、日本は超高齢社会に突入し、相続の問題や、認知症高齢者の財産管理の問題等、社会が抱える課題は山積しています。今後はこれらの課題に全力で取り組みたいと考えております。

経営理念

・私たちは、法の力で心豊かな暮らしをサポートします

・私たちは、社会が抱える課題の解決に全力を尽くします

・私たちは、関わるすべての人々に対し、誠実に接します

最新トピック&解決事例

相続・遺言の無料相談会 03-5422-6977 無料相談について詳しくはこちら
相続に関する相談会開催!相続・遺言相談受付中 03-5422-6977